LUNCH & DINNER CONCERT ランチ・ディナーコンサート

トップ  >  ランチ・ディナーコンサート  >  ジャズ 「中尾 剛也(ギター)+池尻洋史(ベース)デュオコンサート」

2019/07/31 ①19:30・②21:00 ジャズ 「中尾 剛也(ギター)+池尻洋史(ベース)デュオコンサート」

ジャズ 「中尾 剛也(ギター)+池尻洋史(ベース)デュオコンサート

★日時:7月31日(水):19時30分 / 21時の2セッション(各40分程度)

★料金:ミュージックチャージ2,000円

★料理:コースやアラカルトのご用意ございます、ぜひお食事をお召し上がりください

★お席:35席 ご予約を承ります

40分程度の演奏が2回あります。その間はお話をお控えいただき、演奏をお楽しみ下さい。

※メニューの料金は全て税抜価格で記載しています。
※サービス料10%を頂いております。

 

中尾剛也

ジャズギターリスト。愛知県出身。1979年生まれ。

最初の楽器はピアノ。

15歳の時、とあるきっかけで聞いたフォークギターの弾き語りに感動し、ギターに興味をもつ。大学1年で入部したジャズサークルで、ジャズに出会う。学生の頃より近所のお店などで演奏経験を積む。2003年のギブソンジャズギターコンテスト入賞を一つのきっかけに、よりジャズギターにのめりこむ。

2011年には中程バンド名義で『Waltz For Richard』を制作。

2012年にはMondialitoのサポートメンバーとして台湾ライブに参加。

2019年には自己のギタートリオ作品、『MONAD』を制作した。

現在は各地のライブハウスやレストラン、ホテルに出演している。

また、さまざまなミュージシャンのサポートとして、いくつかのバンドで演奏している。

 

 

池尻洋史

http://www.hiroshiikejiri.com

1979年生まれ。千葉県出身。
中学、高校と吹奏楽部に所属し、様々な楽器にふれる機会を得た。
千葉大学に入学し、モダンジャズ研究会に所属。
 
アコースティックな低音の世界に惹かれ、Jazzコントラバス奏者を志し、山下弘治氏に師事。
在学中より、積極的なセッション活動とストリート演奏を通して、演奏技法に磨きをかけ、徐々にライブスポットでの演奏に活動を展開した。
 
2010年には、日本で活躍する若手代表ともいえるメンバーとBungalowを結成。ジャズ、即興、民族音楽などを取り入れ、景色が聞こえるサウンドは大きな話題を呼び、これまでに4枚のアルバムをリリースしている。
 
Bungalow結成を期に、作曲活動も開始し、今では原朋直グループへ自作曲の提供も行っている。
 
自己の演奏における信条は質実剛健を旨とする。アンサンブルにおいて、音域を広く使うことで刺激の中心となりつつもサウンドの基礎をしっかりと支えるスタイルは各方面からの評価も高い。
 
2007年には横浜ジャズプロムナード・コンペティションにてグランプリ受賞。
 
近年はウクレレベースも取り入れ、その独特な音色を生かした演奏をしている。
 
現在は小林桂(vocal)バンド、池田篤(sax)カルテット、原朋直(tp)グループ、小沼ようすけ(gt)with Trio Bungalowなどに参加。