クラシック「渡辺 克也(ob)+原 綾佳(p)コンサート」

地図が利用できません

日時
Date(s) - 2018/03/08
20:30 - 21:15

開催場所
一ツ木町倶楽部店舗

カテゴリー


クラシック「渡辺 克也(ob)+原 綾佳(p)コンサート」

★日時:3月8日(木) 20時30分開演(演奏は50分程度を予定しております)

★料金:コースディナー+ミュージックチャージ:6,500円(お飲みもの、消費税別途)

★お席:35席(ご予約のみとなります、20時30分の開演までにコース料理の提供を終了致しますので、19時までにご来店ください。18時からお席にご案内致します

 

渡辺 克也(わたなべ かつや)

1966年生まれ。4歳より才能教育でピアノを、14歳よりオーボエを始める。東京藝術大学卒業。大学在学中に新日本フィルハーモニー交響楽団に入団。89年Sony Music Foundation主催第1回国際オーボエコンクールに入賞。90年第7回日本管打楽器コンクール・オーボエ部門で優勝、併せて大賞を受賞。

91年に渡独。ヴッパータール交響楽団、カールスルーエ州立歌劇場管弦楽団、ベルリン・ドイツ・オペラ歌劇場管弦楽団の首席奏者を歴任する。特に11年間在籍したベルリン・ドイツ・オペラでは、当時音楽監督クリスティアン・ティーレマンの絶大な信頼のもと、ドイツの新聞各紙に「オーケストラ・ピットの中ではコウトの指揮のもと、渡辺克也のオーボエがはかり知れない説得力で一際光彩を放っていた」、「オーケストラの中の希望の光」等と高い評価を得る。98年の同歌劇場日本公演でも、日本国内の各誌紙がこぞって渡辺の名を挙げて絶賛した。また、現在はソリスツ・ヨーロピアンズ・ルクセンブルグの首席奏者として活躍中。ヨーロッパ各地の名手と競演を重ね、評価を確実に高めている。

CDはこれまでに02年「ニュイ アムール~恋の夜」、04年「∞~インフィニティ」、06年「リリシズム―オーボエが奏でる日本の美」(以上ビクター)他をリリース。オーボエの本格的オリジナル曲ばかりを集めた CDシリーズとして08 年「インプレッション」、2010 年「サマー・ソング」、12 年「ポエム」、14 年「ロマンス」をドイツと日本で同時に発売(独:Profil/日:キングインターナショナル)。特に「インプレッション」「サマー・ソング」「ロマンス」の3作は『レコード芸術』誌で“特選盤”となり、また新聞各紙でも紹介されるなど各方面で絶賛を博している。また、最新CD「パストラール」を2016年初夏にリリースした。

ソリストとしてこれまでにスロヴァキア・フィル、ハンガリー放響、ザグレブ・フィル、ヴェネツィア室内合奏団、都響、神奈川フィル、群響、名古屋フィル、大阪センチュリー響、山形響、日本フィル等と共演。

サイトウ・キネン・フェスティバルにも幾度にも渡り出演している。

2010年秋より2013年3月まで、産経新聞にて「渡辺克也のベルリン音楽旅行」を連載。さらに2013年4月より、平凡社のウェブマガジン「ウェブ平凡」にて「オーボエ吹きの休日 ベルリン音楽だより」を好評連載中。

2011年には第28回日本管打楽器コンクール・オーボエ部門の審査委員長を務めた。

洗足学園音楽大学客員教授として、若手の育成に努めている。

ベルリン在住。

HP

 

原 綾佳(はら あやか)

ベートーヴェンやモーツァルトなど、当時は新進気鋭の著名音楽家が現在生きていたら、どんな活動をしていただろう、と疑問に思ったのが10年前。そこから様々なジャンルの音楽を経験し、固定概念を超えたアバンギャルドと伝統を重んじる精神を兼ね備えたピアニスト。
クラシックピアノを王立音楽院教授のクリストファーエルトン氏に師事。フランスのナショナルモニュメントや銀座王子ホールなどで演奏している。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.